SELECT A CATEGORY

  • 防 汚

  • 空気浄化

過酷な環境下である屋外において建物の美観を守ることは重要です。
⾬⽔による汚れや排気ガス等で、
定期的なメンテナンスを設定しなければ
美観を維持し、外壁寿命を延ばすことは極めて難しいです。
ミラクルチタン光触媒『M2』コートは、
そんな過酷な状況から建物を守り、
美観維持に貢献することが出来ます。

建物の外壁を汚れや劣化から守る

外壁タイル面(広島県)平成11年9月施工

施⼯後20年以上経過していますが、施⼯した⾯では⾬スジ汚れの発⽣はみられません。
下図の耐候性促進試験の結果をはるかに超える耐候性結果がこの写真で実現しました。
セルフクリーニング効果によって「⾬で汚れていく壁」と「⾬でキレイになる壁」がこの写真から確認できます

耐候性促進試験
■基材
:磁器(珪石灰釉薬)、ホウ珪酸ガラス、PET
ポリエチレンテレフタレート)、アクリル樹脂、フッ素樹脂塗装鋼板
■コーティング
:清浄な基板上に塗布乾燥を繰り返して熱処理することにより、膜厚約 0.4 μ m のコーティング膜を作製した。 PET 、アクリル樹脂、フッ素樹脂塗装鋼板は、最初にP 溶液で膜厚約 0.3 μ m の膜を作製した後に、 M 溶液でコーティングした。熱処理は、磁器ホウ珪酸ガラスの場合は 300 ℃、 PET 、アクリル、フッ素樹脂鋼板の場合はそれぞれ 100 ℃、 80 ℃、 160 ℃で 30 分間行った。
■試験機
:スガ試験機社製強エネルギーサンシャインウェザーメーター
■紫外線強度
:44mW/cm 2
■試験法
:光照射下に暴露して時間毎に膜の剥離の有無を確認した。
■試験場所
:佐賀県窯業技術センター
■試験結果
基板 コーティング膜 紫外線照射時間(h)とコーティング膜の密着性
20 80 100 400 500 1000
陶板(白釉) 1層塗り M溶液
ホウ珪酸ガラ ス 1層塗り M溶液
PET 1層塗り M溶液 剥離
2層塗り P,M 溶液
アクリル樹脂 1層塗り M溶液 剥離
2層塗り P,M 溶液
フッ素樹脂 1層塗り M溶液 剥離
2層塗り P,M 溶液

※促進試験1000 時間は 2 年以上の暴露試験に相当。

  • 陶磁器やガラス基板では、光触媒作用があるアナタース結晶を含む膜をコーティングしても全く膜の剥離は起こらず、膜表面の変化も観察されない。
  • PET(ポリエチレンテレフタレート)、アクリル樹脂、フッ素樹脂上に一層コーティングした膜は、微細なクラックが発生していた。これらの有機物の熱膨張率は、膜のそれに比べて大きいのでコーティング膜の乾燥処理の段階で発生したと考えられる。これらの基板上に直接M溶液をコーティングした試料は、20 時間の紫外線照射によってクラックの溝部分から剥離した。しかし、M 溶液とP溶液の二層コーティングを行うと1000 時間経過後も全く剥離しないことがわかった。これは、下地にコーティングしたP 溶液膜が酸化チタンの光触媒効果を十分に遮断したことを示すものである。

セルフクリーニング

製品:M2溶液

機能 基材 項目 結果 光触媒工業会認定基準
M2
溶液
セルフクリーニング
性能
タイル
表面
限界
接触角
5°以下 限界接触角が30°以下
分解
活性値
18.3nmol/L/min 分解活性指数が5 nmol/L/min以上

汚れが付着しにくいことを意味します。
光触媒の機能である親水性により水滴が表面に出来にくくなり、
汚れを洗い流します。
表中の限界接触角が小さければ小さいほど、性能が高いと言えます。
また、有機物の汚れを分解する力を分解活性値で表しています。
光触媒の機能である活性酸素による酸化分解を行う力がどれだけ働くかを
示しています。
この値は大きければ大きい程、性能が高いと言えます。

セルフクリーニング試験
(水接触角の測定)

条件
基材
:タイル板(100×100mm)
溶液
:第一層はP1溶液・第二層M2溶液
試験方法
:光触媒材料のセルフクリーニング性能試験
水接触角の測定(JIS R 1703-1)
試験機関
:(財)神奈川科学技術アカデミー
試験日
:H23.2.1〜2.3
試験者
:株式会社大野石油店
結果
限界接触角5度以下

ミラクルチタン光触媒コートM2の
水接触角経時変化

光触媒工業会の判定基準は、限界接触角が30°以下の初期性能を満足しなければならない

屋外⽤溶液『M2』は
光触媒⼯業会(PIAJ)の認証製品です。

(0)商品名 ミラクルチタン光触媒コート M2
(1)光触媒等の種類 酸化チタン
(2)光触媒等加工部位 タイル面、アルミニウム面、塗装面
(3)光触媒等の効果 セルフクリーニング効果
UV(タイル板)
測定方法はJIS R1703-1に準拠しました。
限界接触角 ※1 5°以下 汚れを洗い流す性能の目安です。
セルフクリーニング効果
UV(アルミニウム板)
測定方法はJIS R1703-1に準拠しました。
限界接触角 ※1 8.7°以下 汚れを洗い流す性能の目安です。
セルフクリーニング効果
UV(塗装板)
測定方法はJIS R1703-1に準拠しました。
限界接触角 ※1 24.1°以下 汚れを洗い流す性能の目安です。
(4)使用できる場所 屋外
(5)安全性 急性経口毒性、皮膚一次刺激性、変異原生について、光触媒工業会の
安全性基準を満たしていることを確認しています。
(6)使用上の注意 表面に過度の汚れが付着していると、十分なセルフクリーニング効果が
得られませんので、定期的な清掃をおすすめします。

※1 光触媒工業会の認証基準は限界接触角が30°以下であり、
小さいほど性能が高いことを表します。

光触媒性能評価試験

項目 試験機関 試験方法 判定概要
光触媒性能 (財)日本食品分析センター メチレンブルーによる液相フィルム密着法
(脱色試験)
脱色を認める

※試験方法は、光触媒製品技術協議会法に準ずる。


【試験開始】


【5時間経過後】

光触媒の効果である分解性を評価した退⾊試験です。
⻘⾊インク成分(メチレンブルー)が5時間後に完全に退⾊しているのが確認できます。

安全性評価試験

項目 試験機関 試験方法 判定概要
急性経口毒性
試験
(財)日本食品
分析センター
OECD401(1987) 死亡例は認められない
皮膚一次刺激性
試験
OECD404(1992) 一般刺激カテゴリーから問題ない
変異原性試験 労働省告示第77号 突然変異誘起性は陰性
皮膚感作性試験 Maximization法 皮膚感作性を有さない

空気浄化

[測定結果]NOx除去量 1.81μmol

年間換算すると…NOx除去量 19.03g/㎡・年

ミラクルチタンによる窒素酸化物の除去性能
(JIS R 1701-1)
  1. 目的
    ミラクルチタン(酸化チタン)塗布基材のJIS試験方法における窒素酸化物(NO x)の分解性能試 験を行う。
  2. 日時
    平成17年6月13日
  3. 試験者
    三井鉱山株式会社
  4. 試験所
    財団法人 関西環境管理センター
  5. 試験方法

    ①ファインセラミックスー光触媒材料の空気浄化性能試験方法ー第一部:窒素酸化物の除去性
    JIS A 1701-1

    ②試験方法概要
    ・試験片:ステンレス 50×100×5 1枚
    ・ミラクルチタン塗布方法:上記試験片ミラクルチタンP1を1層M2を2層スプレーガンにて塗布

  6. 試験結果
    試験結果

今回の試験結果において、ミラクルチタンの光触媒機能により環境汚染物質の一つである窒素酸化物を分解除 去できることが確認された。

ミラクルチタン光触媒コートについて