HOME » 光触媒とは » 光触媒のしくみ

光触媒とは

  • 光触媒のしくみ
  • 光触媒の原理と特徴

光触媒のしくみ

光触媒は、光(紫外線)が当たることによって、「防汚」「消臭」「抗菌」の効果を発揮する材料です。
光触媒効果を発揮する材料としては、酸化チタンが化学的に安定で優れた光触媒効果を発揮します。
また、酸化チタンは昔から白色顔料として広く使用され、化粧品や食品添加物にも使用されている安全な物質です。

  • 酸化チタンに光(紫外線)が当たると電子(e-)と正孔(h+)ができます。

    この電子と正孔が空気中の酸素と水と反応すると、酸化チタン表面にスーパーオキサイドアニオン(O2-)とヒドロキシラジカル(・OH)という活性酸素が発生します。

    これらの活性酸素は強い酸化力を持っており、付着した有機物の汚れ、臭い成分、雑菌を分解します。
    酸化チタン表面が水と非常になじみやすい親水性になるため、雨が降ると「セルフクリーニング効果」で付着した汚れを洗い流します。

環境にやさしい

太陽光など日常の身の回りの光で実現します。
エネルギーを多く必要としないので環境にやさしい材料なのです。

無害で安全・安心

光触媒効果を発揮する材料として、化学的に安定している酸化チタンは、昔から白色顔料として広く使用され、化粧品や食品添加物にも使用されている安全な物質です。

詳しくは光触媒の原理と特徴ページへ

光触媒を使うと

防汚

抗菌防カビ

消臭

空気浄化

詳しくは施工実績ページへ